贅沢な悩みだと言われる大きい胸

私は自分の大きい胸にコンプレックスを抱いております。ちなみにサイズの方は、Fカップです。

日本女性の平均カップ数はBカップが1位、2位がCカップという結果が雑誌や下着メーカーの調査で判明しています。

カップ数とはトップバストと、アンダーバストの周径の差で決まりますが、数字からみても私の胸は平均よりも大きいことがわかります。

大きい胸が悩みである理由としては、以下になります。

・標準体型にも関わらず太って見える

・トップスのボタンを閉めるとバストの部分だけパツパツになりみっともなくなる

・体のラインに沿ったピッタリめのトップスを着るとどうしても胸が強調されてしまう

・自意識過剰ではなく、男性の目線が自分の胸にあることをハッキリと認識する場面が何度もある

・大きい分、胸を覆う生地の面積がどうしても広くなってしまうため、ブラジャーの値段が高くなる

・小さいメロン二つ分の重さに相当するため肩が凝る

・重力に逆らえなくなって少しづつ垂れてきている

それらの悩みを少しでも解消するために、先日、胸を小さくみせる下着をネット通販で購入しました。

それを着用することによって以前よりは、胸や人の目を気にすることがなくなり、自分の好きな洋服を着れるようになったので購入して良かったです。

同じように大きい胸に悩んでいる女性におすすめです。

産後にバストが垂れたのはショック!

出産後は母乳育児をしていたので、授乳するようにしていますが、やはりバストがかなり垂れてきたので、かなりショックを受けました。

以前はバストが大きくてハリもありましたが、年齢には逆らえずにどうしてもバストが垂れてきました。お風呂上がりにボディーオイルをたっぷり手にとってバストマッサージをしていますが、いまいち効果を実感できないので、何をしたらバストにハリが出てくるのか、とても悩むようになりました。

特にバストが垂れてると上部分がげっそりした感じになるので、もう少し上部分にボリュームをもたせたいなぁと思うようになりました。なかなかバストの上部分などデコルテ部分を綺麗に見せるには、ある程度バストのハリは必要になるため、オイルマッサージをしたり、自分なりに対策はしていますが、あまり効果を実感できないので困っています。

年齢を重ねてくると体型も変化して重力には逆らえないし、バストアップできるブラジャーを使っていますが、締め付けがきついので何か効果的なものはないかなぁとバストアップの対策方法を探すようになりました。自宅で手軽にできるようなバストアップ対策があれば利用したいし、手軽にできるような方法があれば利用してみたいです。

鳩胸で胸は大きく見えるのに本当は小さすぎるバストの悩み

私は鳩胸なので服装によってはバストが大きく見えるのですが、実際は小さいバストで悩んでいます。ネットでよくバストアップについての記事を検索したり、バストが小さい女性を男性はどう思うのか等を検索してしまいます。もし男性と出会っても服装によっては胸が大きく見えるため、胸が大きいと勘違いされてしまったらどうしようとか思ってしまいます。

バストアップに効果があるキャベツや豆乳を食べたり飲んだりしたり、効果があるとネットに書かれているエクササイズもしてみましたが、一向にバストアップする気配もなく、十代の頃であれば成長期でバストアップするかもしれませんが、20代後半になり大人になると中々成長するのが難しいのでしょうか。

夏シーズンになるとやはり水着を着る機会があるのですが、胸が小さいのでオフショルの水着を着たりしています。胸が大きい人を見ると本当に羨ましくなります。自分も胸が大きかったら可愛い水着を何着も着れるのにな~と夏になると思います。

ダイエットをしても真っ先に胸から脂肪が落ちてしまうので無い胸がさらになくなって悲しくなってしまうこともありますが、ストレスを貯めたり、睡眠不足もよくないらしいのでまずは規則正しい生活をはじめてみて、少しでもバストが大きくなるように頑張りたいと思います。

貧乳はファッションに気を遣う

寝っからの貧乳です。周りはそれほど何とも思ってないのかもしれませんが、結婚するまでは、学校の移動教室や体育の着替え、プール、社員旅行などが本当に苦痛でした。じろじろ見られるのでは・何か言われるのでは、というような被害妄想的なものではなく、羨ましくて他人様のボリュームのあるお胸をついつい見てしまう自分が嫌なのです。

要はコンプレックスのひとことに尽きると思うのですが、思春期の頃には親を恨むことさえありました(お父さんお母さんごめんなさい)。今でこそ、育乳ブラジャーなるものが存在しますが、私の若い頃はそんな洒落た便利なものは存在せず、スポーツブラジャーなんて、滑って上に上がってくる始末でした。

大学生の頃に付き合っていた彼には、「どうにかしてこの胸がもう少し大きくならんかねぇ」と言われ、返す言葉がなく、3年付き合っていましたが、卒業後の遠距離恋愛からなんとなく自然消滅してしまった時には、「私の胸がもっと大きかったなら、遠距離恋愛でも触りたくて会いたがったりしたのだろうか?」とさえ思ってしまいました。

今の主人には「大きいか小さいかではない」ことをはっきり宣言してもらえているので、恵まれたなあと思っています。

貧乳コンプレックスは服装でカバーする